通勤手段を見直そう 通勤手段を見直そう

自分に合う通勤手段を探すためにそれぞれのメリット・デメリットを確認しよう

通勤手段ごとの特徴を見てみよう

通勤手段ごとの特徴を見てみよう

ここでは、通勤手段として多くの人が利用している車・電車・徒歩のメリットとデメリットをそれぞれ紹介しています。まずは車通勤のメリットですが、最大のメリットは天候に左右されずプライベートも確保しやすいことです。リラックスしたい人におすすめです。時間を有効活用したいなら電車通勤がいいでしょう。家からの距離によっては長時間になってしまうこともありますが、交通渋滞もなく勉強や読書に集中できます。また、徒歩通勤なら適度な運動にもなるためうつ病予防にもつながります。

  • 車の場合

    通勤時間をリラックスして過ごしたいなら自分のペースで行動できる車通勤がいいでしょう。始業時間に合わせて家を出なければならないのは電車と同じですが、発車時刻が決まっているわけではないため自分なりにタイムスケジュールを組み立てて行動することができます。また、天候に左右されないため事故などで渋滞しない限り遅刻する心配もありません。ただし、路面状況の悪化や疲労による注意力散漫など事故につながるリスクがあります。

  • 電車の場合

    電車で通勤するメリットは、時間を有効に使えることです。単なる移動時間であっても、勉強や読書に充てれば有効に活用できます。電車が満員でテキストや本を開くのが難しい場合はラジオを利用するといいでしょう。ニュースがチェックできる番組など色々あります。また、電車は出発時間が決まっているので突発的な事故がない限り遅延することがなく、時間通りに到着できます。満員電車などネガティブなイメージが強いかもしれませんが、意識次第で有意義な時間を過ごすことができます。

  • 徒歩の場合

    車、電車、徒歩の3つの通勤手段の中で最も幸福度を感じやすいのは徒歩通勤です。天候の影響を受けやすいなどのデメリットはありますが、通勤ラッシュから解放され、適度な運動ができることでうつ病予防にもなるからです。また、徒歩の場合は通勤時間そのものが短いため睡眠をしっかり取ることができます。寝不足の心配もありません。ただし、職場の場所によっては徒歩通勤できるエリアだと家賃が高くなり、家計を圧迫してしまう可能性もあります。

通勤の見直しを考えている人へ